サラリーマン金融 略してサラ金

一昔前では、キャッシングというものはサラ金という名称で呼ばれていました。
サラ金という言葉はもともとはサラリーマンのために金融という意味であったのですが、
ドラマなどで悪徳な業者の代名詞として有名になりましたよね。

ですので、現代ではそういった業者のことはキャッシング業者と呼ぶようになっています。
サラ金と聞くと、私は今でも悪質な違法業者をイメージしてしまうので恐ろしいですね。
まだ社会を知らない若い人ほどこのようなものを思ってしまうのではないでしょうか?

サラ金といえば、サラ金地獄、借金地獄、そして破産というイメージを持っています。
今は昔とは違って、もともとクリーンなものだった融資業のイメージを向上させるために、
テレビコマーシャルなどでも率先してイメージアップを狙ったものが宣伝されています。

だいたい、大手の銀行と提携しているようなところはその傾向にありますね。
アコムやレイク、プロミスやモビット、これらのキャッシングサイトは皆さんもご存知の通り、
かなりクリーンなイメージを持っている人が多いのではないでしょうか?