総量規制の影響について

2010年から、複数の消費者金融で自分の年収の3分の1までしか融資を受けられないという法律が施行されました。
それまでの間は、お客さまの年収に対して過剰な借金を背負わす業者がたくさんありましたけど、
現在ではそういったことは法律によってしっかりと制限されましたね。

おかげさまで、全国の多重債務者はこれからは以前と比べると現象するでしょうし、
借金生活で人生を棒にふるような人間も少なくなったのではないかと思います。

以前までは複数のキャッシング業者からたくさんのお金を借り入れることが平気でできましたが、
もうそのような無謀なことはさせてくれません。
ですので、キャッシングというものだけを当てにして人生を歩んでいる人間でも、
ある一定の範囲からは安定した借金を返済することができるようになったのです。

総量規制は個人的にもかなり良い法律だったのではないかと思っています。
ただ、未来を見据えていない人からすれば、最悪の法律だ、などと思ってしまうかもしれません。

キャッシングの返済が終わったら、借り入れをおこなっていたときに使用していたキャッシングカードは
そのまま解約すればいいのでしょうか?
今回はこれについてインターネット上で調べて考察してみました。

キャッシングカードは非常に便利ですよね。すぐに借りたいときに借り入れることができる。
ですので、ある程度は自由に気軽に融資を受けられます。

まずはキャッシングカード使用時の利息の発生についてなのですが、
このカードは持っているだけでは利息は発生しません。
ある一定の範囲内のあらかじめ決められたお金をいつでも融資される状態、ではありますが、
そのままではキャッシングをしなければ借りたことにはならないのです。

ですので、返済後にお金が必要になってしまうことを考えると、一時期は持っていたほうが
いいのではないでしょうか?
ただ、いつまでも持っておくとキャッシングの誘惑に負けてしまうことがありますので、
しばらくしたら解約をしてしまったほうがいいと思います。